羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信)

 将棋の羽生善治3冠(名人、棋聖、王座)に三浦弘行八段が挑戦する第68期名人戦7番勝負の第2局が、20日から岩手県遠野市の「あえりあ遠野」で行われ、21日午後7時49分、93手で先手の羽生が勝ち、2連勝した。持ち時間各9時間のうち、残りは羽生36分、三浦29分。第3局は5月6、7の両日、千葉県野田市の市民会館で行われる。 

【関連ニュース】
羽生が先勝=将棋名人戦
iPad向けに配信開始=解像度高める
久保が初防衛=将棋棋王戦
竹下通りに若者殺到=体調不良訴え、転倒も
久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦

女性の上を電車通過、線路とのすき間で無事 JR東京駅(産経新聞)
JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」−報告書漏えい(時事通信)
<春の園遊会>浅田さんら五輪メダリスト出席(毎日新聞)
「子ども手当」減額 財務委員長が言及(産経新聞)
<臥龍桜>陽気に誘われ満開 岐阜・高山(毎日新聞)
[PR]
# by 15rthbcurk | 2010-04-24 18:00

高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)

 国土交通省が発表した高速道路の新料金制度や、政府が国会に提出した道路財政特別措置法改正案をめぐり、民主党内から異論が相次ぎ、政府・与党内の新たな火種となっている。

 同法案は、土日・祝日の「上限1000円」などの料金割引に充てている財源の一部を高速道整備に使えるようにするもので、12日の衆院本会議で審議入りした。

 民主党の川内博史衆院国土交通委員長は15日の国交省政策会議で、新料金制度について「地元が持たない」など出席者から異論が相次いだのを受け、「これでは審議ができない」と述べ、法案成立に否定的な考えを示した。

 川内氏は16日も都内で記者団に「せっかく国民の利便増進につながる割引制度ができたのに、わざわざ廃止して道路整備に回すのはおかしい」と反対を表明した。政府提出法案に与党の委員長が反対を公言するのは極めて異例のことだ。

 新料金制度については、中谷智司参院議員ら四国選出の与党国会議員が16日、前原国交相に会い、本州四国連絡道路の上限料金が他地域より割高に設定されたのはおかしいとして見直しを求めた。

 民主党の山岡賢次国対委員長は16日、国会内で前原氏らと会談し、政府・民主党首脳会議で新料金制度について議論するよう要請した。しかし、新料金制度では、現行料金から値上げになる地域もあるだけに、早期の事態収拾が図れるかどうかは不透明だ。

手配の男の身柄を確保=長崎・警官2人刺傷(時事通信)
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演(産経新聞)
雑記帳 静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
知的障害児施設で虐待、身体拘束など441件(読売新聞)
堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
[PR]
# by 15rthbcurk | 2010-04-22 00:06

<社民党>民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める(毎日新聞)

 社民党は16日の幹部会で、民主党が5月中の成立を目指している政治主導確立法案や国会改革関連法案について「内閣支持率が下落するなか、強行採決はすべきでない」として、慎重な審議を求めていくことを申し合わせた。同党の重野安正幹事長は同日、国会内で記者団に対し「国会は言論の府だから徹底的に審議を尽くすというのが基本だ。(強行採決は)いかがなものか」と指摘した。

【関連ニュース】
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
普天間移設:連立内から「5月末は無理」
民主党:参院選「与党過半数割れ」危機感
ネット選挙:参院選から解禁検討 民主が改正案提出へ
鳩山首相:秘書官が米副長官と会談 普天間は話題にならず

資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年(産経新聞)
新党「たちあがれ日本」 喫緊の課題は参院選対策 理念の違いで対立も?(産経新聞)
<掘り出しニュース>「深谷シネマ」造り酒屋跡に移転 名誉館長・大林監督迎え開館 埼玉(毎日新聞)
<パトカー>乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原(毎日新聞)
医療分野の素案明らかに−民主党参院選マニフェスト(医療介護CBニュース)
[PR]
# by 15rthbcurk | 2010-04-20 00:54

「国会見たい」急増 ネット視聴最多に 昨年のアクセス数1.5倍、379万件(産経新聞)

 国会審議のすべてをインターネットで中継する「衆議院TV」と「参議院インターネット審議中継」のアクセス数が、平成21年はともに過去最高となったことが分かった。ミニブログ「ツイッター」の利用など政治家側からの情報発信が増える一方で、国民の側からも「国会審議を見たい」という欲求が高まっているようだ。

 ネット中継は、参院が10年、衆院が11年にそれぞれ開始。テレビ中継が予算委員会や党首討論などに限られるのとは異なり、すべての委員会を網羅しているのが特徴だ。生中継のほかに、過去の審議の録画も視聴できる。

 衆院によると、21年のアクセス数は、生中継と録画を合わせて378万7千件で、前年の241万6千件から1・5倍に跳ね上がった。

 21年は衆参「ねじれ国会」や衆院選などの影響で審議時間は約1580時間にとどまり、委員会の開催数も減少していた。それにもかかわらずアクセス数が過去最高になったことで、関心の高まりが明らかになった格好だ。

 国会審議は両院のほかに、民間会社の「シー・ネット」がネットやケーブルテレビで「国会TV」を提供している。同社によると、映像は現在、ネットのほかはケーブルテレビ4局を通じてしか見ることができないが、昨夏の政権交代以後は引きあいが増え、新たに約20局のケーブルテレビに提供が可能となっており、現在、それぞれの局の番組改編を待っているという。

 ちなみに昨年、衆議院TVのアクセス数が最も多かったのは、11月4日の予算委員会。この日は鳩山由紀夫首相の政治資金収支報告書の虚偽記載問題が追及され、鳩山首相は「元会計責任者を信頼しきっていた」などと答弁していた。

<ODA有識者会議>座長が役員の法人、外務省から事業受注(毎日新聞)
医師会に配達の鉢植え出火、自然発火の可能性(読売新聞)
【舞台はここに】灰田勝彦「南海ホークスの歌」 なんばパークス(産経新聞)
<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)
<山崎宇宙飛行士>ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)
[PR]
# by 15rthbcurk | 2010-04-13 01:51

普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先について「もうすでに腹案にのっとって、みなさん、動いていただいている」と述べ、関係閣僚で「腹案」を共有しているとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 平野博文官房長官が1日夜に仲井真弘多沖縄県知事と都内で会談した内容については「一切、存じあげていない」と述べるにとどめた。

【関連記事】
普天間移設 首相「腹案」発言でまた混乱
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」
「腹案」は米側に説明したのと同じ 岡田氏
首相、普天間移設案の期限は「なおさら正しい判断」
首相「普天間移設先、現地の了解が必要」

空き巣のベランダから隣へ 新手の空き巣横行 昨年から大阪市内で20件(産経新聞)
<強制わいせつ罪>女子高生触る 警官を起訴、余罪も 福岡(毎日新聞)
小沢氏元秘書、高橋嘉信・元議員が引退意向(読売新聞)
参院選 「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
放射性物質の分析装置に焦げ跡=環境、人体に影響なし−茨城(時事通信)
[PR]
# by 15rthbcurk | 2010-04-08 02:05