<< 10億円以上着服か 近鉄子会社... 羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信) >>

6月実施見送りの公算=批判噴出、参院後の可能性も−高速新料金(時事通信)

 国土交通省が目指す高速道路の新料金制度の6月実施は、見送られる公算が大きくなった。現行の割引より実質値上げになるとの批判が収まらないほか、新料金と関連する道路財政特別措置法改正案の実質審議入りのめどが立たないためだ。実施は参院選後に先送りの可能性も出てきた。
 新料金案は、普通車が2000円などと車種別に上限料金を設定しているのが柱。しかし、他地域より割高である本州四国連絡高速の地元自治体や、大・中型車が5000円に設定されたトラック業界などが激しく反発。「値上げはおかしい」(小沢一郎民主党幹事長)など、与党内からも見直し要求が噴出した。
 また、同改正案は新料金導入に伴う現行割引の廃止で発生する財源を道路建設に充てるためのもので、新料金と密接に関連している。前原誠司国交相は11日の閣議後会見で「いつの段階で法案が成立するかに実施時期はかかわる」と述べたが、衆院国土交通委員会では当面、他の法案審議が優先される見通し。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

シュワブ前でも首相に怒声=警官100人、ものものしい雰囲気−沖縄・名護(時事通信)
耳かき店員ら2人殺害、林被告を精神鑑定へ(読売新聞)
<普天間移設>首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
ネアンデルタール人 ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析(毎日新聞)
普天間 「月末に終わらない」 前原氏、協議継続見通し(産経新聞)
[PR]
by 15rthbcurk | 2010-05-12 01:52
<< 10億円以上着服か 近鉄子会社... 羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信) >>