<< 埼京線と湘南新宿ライン全線再開... 喜美氏、打診は否定も北野大氏に... >>

<男児餓死>保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良(毎日新聞)

 奈良県桜井市の吉田智樹君(当時5歳)が餓死した事件で、奈良地検は24日、父親の会社員、吉田博容疑者(35)と母親のパート店員、吉田真朱(まみ)容疑者(26)を、保護責任者遺棄致死罪で奈良地裁に起訴した。2人は遅くとも09年9月ごろから、十分な食事を与えていなかったという。

 起訴内容は、吉田博、真朱両被告は、09年9月ごろには長男智樹君が衰弱していたのに、適切な診療を受けさせず、わずかな飲食物を与えるだけで放置し、今月3日に栄養失調で死亡させた、としている。両被告の認否や動機について、地検は「裁判員裁判対象事件のためコメントしない」としている。

 捜査関係者によると、06年12月に長女(3)が誕生、家族は6畳洋間と2畳のロフトのアパートで4人暮らしになった。部屋が手狭になり、智樹君だけをロフトに上げたが、智樹君は親の注目を引こうと物を落としたりし、真朱被告が手を出すようになったという。

 08年4月ごろまでは家族4人で外出していたが、真朱被告が09年5月に同県橿原市のスーパーで働き始めると、長女だけを託児所に預け、智樹君は自宅に放置。同9月ごろには1日にラップに包んだ細い棒状のおにぎり2本と水程度しか与えなくなり、智樹君は10年2月末ごろから、食事を受け付けず、自分で歩けない状態になったという。

 平均的な5歳児は身長110センチで、15〜20キロの体重があるが、智樹君は約85センチ、6.2キロしかなかった。【上野宏人、大森治幸】

【関連ニュース】
押尾被告事件:MDMA譲渡の友人に実刑 東京地裁判決
奈良5歳児餓死:生後すぐ虐待か…耳たぶに内出血
奈良5歳児餓死:逮捕の母親 夫から日常的に暴力
自殺サイト:「見届け役」被告に有罪判決 福岡地裁支部
4歳児衰弱死:市が対応協議中に死亡 埼玉・蕨

拉致支援法案が衆院通過(時事通信)
スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
<平野官房長官>機密費使途公開「国益にプラスなのか」(毎日新聞)
シニア世代の男性はスーパー好き?(産経新聞)
全国的に暴風や高波、あす夕方にかけ大荒れ(読売新聞)
[PR]
by 15rthbcurk | 2010-03-27 00:58
<< 埼京線と湘南新宿ライン全線再開... 喜美氏、打診は否定も北野大氏に... >>